ほたての旅

旅客機搭乗、ラウンジ探索と ビール工場、ブルワリー、ウイスキー醸造所、酒蔵、ワイナリーをめぐりめぐった記録です 2013年に念願のJGC取得、悩んだ末2016年にSFCも取得しました

【2017年5月新潟】日本酒列車「越乃Shu*Kura(シュクラ)」に乗った

呑める電車、酒好きたちが乗る「越乃Shu*Kura(シュクラ)」にようやく乗れました

運行期間3月から11月まで。冬は運行しないのです

のってたのしい列車旅!

周りの日本酒好きがこれに乗っててねー

電車とか興味ないんだそうだけどね、移動の時間も呑めるなんて最高じゃないか!って。

ああ、そういうことw

f:id:hotatenotabi:20170922110005j:plain

白と青の車体がおしゃれ

地酒王国・新潟が誇る「酒」をコンセプトとした列車「越乃Shu*Kura」。越後の酒蔵と豊かな自然をイメージして命名しました。
(越乃=越後、Shu=酒、Kura=蔵、*=米・雪・花)

*←これを端折ってる場面を良く見かけるけど、結構重要なんじゃんw

 

f:id:hotatenotabi:20170922110027j:plain

観光列車定番のいってらっしゃ~い!

f:id:hotatenotabi:20170922110034j:plain

もう、シュクラのために作っちゃって。1年の三分の一しか走らないのに熱の入れようがすごい

f:id:hotatenotabi:20170922110037j:plain

いざ乗車!

f:id:hotatenotabi:20170922105550j:plain

売店エリアを抜けて3号車へ。

f:id:hotatenotabi:20170929101947p:plain

おれ、てっきり1号車に乗れるんだと思ってたら、連れが「指定席で買ったから3号車だよ~」って

お弁当とおちょことシュクラのお酒がついてくるやつって言ったじゃん。

1号車はびゅう専用販売だからって、じゃあそれ取ってよー。

のってたのしい列車旅!

これですね。お弁当付き…

はぁ~…

お弁当はないけど3号車でも似たようなものは食べられます。

そして、3号車は指定席券代が追加になるだけなので、乗り放題切符「週末パス」で旅行している身としては、旅費は抑えられる。

そして結果、3号車でも問題なかったw

結構楽しかったw

f:id:hotatenotabi:20170922105822j:plain

移動の手段として普通に乗ってる人もいる。

地方にありがち。観光列車だけど普通に使う。

f:id:hotatenotabi:20170922105826j:plain

シートピッチ広め。足元広々!

椅子を回転させて向かい合わせにもできる

f:id:hotatenotabi:20170922105829j:plain

3号車の端にあるスペース。

日差しが当たるからかこのときは人気がなく

f:id:hotatenotabi:20170922105835j:plain

グループで来ていたらここでワイワイですね。

f:id:hotatenotabi:20170922105840j:plain

端の席はこんな感じ。

f:id:hotatenotabi:20170922105554j:plain

待ってました、2号車の物販コーナー

f:id:hotatenotabi:20170922105558j:plain

f:id:hotatenotabi:20170922105601j:plain

f:id:hotatenotabi:20170922105604j:plain

f:id:hotatenotabi:20170922105857j:plainお酒と、おちょこを買いました。

1号車乗れなかったからね ヽ(`д´;)ノ

f:id:hotatenotabi:20170922105608j:plain

鯛茶漬け。

後に注文しましたが、サトウのごはんみたいなやつでした。

新潟ゆえにお米に期待したんですが、まあ、電車内だししゃあないねw

f:id:hotatenotabi:20170922105619j:plain

鯛めしもあり

f:id:hotatenotabi:20170922105615j:plain

メニュー!

常設しているものは↑で全部とのこと。

f:id:hotatenotabi:20170922105612j:plainお早めにどうぞ~と進められたお弁当。

すぐなくなるそう

f:id:hotatenotabi:20170922105626j:plain

f:id:hotatenotabi:20170922105630j:plain

お酒のアテもたんまりあるよ!

f:id:hotatenotabi:20170922105622j:plain

 

お目当てはこれ!!

全部頼むときっかり1,000円!

いやー全部行くでしょ。 f:id:hotatenotabi:20170922105844j:plain

f:id:hotatenotabi:20170922105847j:plain

利き酒の5種は販売もしてます。

f:id:hotatenotabi:20170922105913j:plain

いざ!!!

プラスチックだけど足つきのカップに入れてくれるのでちょっと嬉しいね。

売店言って返ってくる間に、すでに周りの人たちが出来上がってたよ。

乗車前から色々持ち込んでいて、ビールだのチューハイだのハイボールだの。

電車が動く前から乾杯してたしねww

 

f:id:hotatenotabi:20170922105916j:plain

個人的な好みは、②白龍 上善如水ですが、結構しっかり日本酒!っていう味のラインナップだった。濃い。

 

f:id:hotatenotabi:20170922105910j:plain

連れが絶対すぐなくなるからと早々にシメを購入。

サトウのごはん的なゴハン1パックの上に、鯛のもとみたいなのを入れてお湯をかけてた。

なかなかしっかりしたお味で美味しかったです!飲んだ後に食べたくなるような濃い味。酒飲みのことをよくわかってらっしゃる。

 

f:id:hotatenotabi:20170922105920j:plain

途中有名な駅?青海川に停車して記念撮影ができます。

f:id:hotatenotabi:20170922105929j:plain

地元テレビ局も来ていて、取材がありました。

3号車の酒呑みたちが取材に応じていて、シュクラの感想を聞かれてましたが

「あーー呑めるから乗ってるの!電車のことはよくわかんないwwこの電車だけでしょ!?騒いでいいやつ~~」ってとっても楽しそうにコメントしてたよw

いやいいねえ~ あかるくてよいf:id:hotatenotabi:20170922105934j:plain

1号車はびゅうの商品だからか、女子旅!って言う感じのグループが多かった。

停車時間は10分ほど。急いで戻る。

f:id:hotatenotabi:20170922105938j:plain

うわ!ほんとに売り切れてる!

鯛茶漬けも売り切れ。買っておいて良かったーー(ナイス連れ!)

1号車にはお弁当が出るので、購入するのは3号車に乗ってる人だけだと思うけど、侮れない。酒飲みの食欲!

f:id:hotatenotabi:20170922105944j:plain

スイーツを食べる気分ではなかったので

f:id:hotatenotabi:20170922110022j:plainf:id:hotatenotabi:20170922105851j:plain

酒のアテを物色

f:id:hotatenotabi:20170922110054j:plain

 !

焼き漬け! 

f:id:hotatenotabi:20170922105950j:plain

 ってことで2ターン目。

この鮭おいしい!真空パックだから、常にカバンに忍ばせておきたいわーーー

 

f:id:hotatenotabi:20170922105811j:plain

2号車のイベントスペースでは、音楽がながれたり、酒蔵さんの試飲会があります

f:id:hotatenotabi:20170927145605j:plain

こんなかんじ。

f:id:hotatenotabi:20170922110016j:plain

今回はスキー正宗

f:id:hotatenotabi:20170922105817j:plain

記念スタンプもある

f:id:hotatenotabi:20170922110048j:plain

一号車に乗りたかったんですよ~って話てたら、入っていいですよって見せてもらえました。

背もたれのある後ろ側か、景色を見れる前列か迷うところですね。

 

f:id:hotatenotabi:20170922105953j:plain

越後湯沢に到着。変わった電車だったそうなのでよくわかんないけどパチリ

f:id:hotatenotabi:20170922105957j:plain

手湯というやつだって、結構お湯がアツイ。酔っていて肌感鈍ってるから、注意!

f:id:hotatenotabi:20170922105901j:plain

いやーーいい列車でしたー

のんびりした風景を眺めながら、お酒に浸る。

いい大人の休日です。

オトナになるっていいね(ノ´∀`*)

 

列車旅 びゅう